生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 内部監査代行(1)―なぜ外部に頼む必要性があるか(10) | メイン | 内部監査代行(2)―なぜ外部に頼む必要性があるか(12) »

内部監査代行(1)―なぜ外部に頼む必要性があるか(11)

 引続いて企業が、外部の人に内部監査を代行してもらうことの必要性をご一緒に考えていますが、ここで言っている「外部の人による内部監査代行」とは、審査機関の審査員が審査登録をする際におこなう第三者審査のことを意味していません。そうではなくて純然たる第二者監査です。


 ―― 審査機関の審査員には、「規格要求事項への適合を判断する」ことだけが求められています。

「適合か? 不適合か?」
 といった判断以上の判断ができる審査員は、確かに存在します。しかしそのような審査員のパフォーマンスは、審査の場の審査員としては付加価値です。

 ―― しかしその付加価値は審査員によって大きくバラツキます。なぜならば付加価値は審査員の経験の「多い」「それほど多くはない」といった個々の事情に依存していますから。

 ―― そして審査員の選定は審査機関側に委ねられていますから、企業側は「付加価値を提供してくれる良い審査員がきてくれますように」と神様・仏様に祈る他はありません。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2009年03月27日 17:18 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読