生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« ISO内部監査(124)―社内研修(74)ISO14001環境目標(37) | メイン | ISO内部監査(126)―社内研修(76)ISO14001環境目標(39) »

ISO内部監査(125)―社内研修(75)ISO14001環境目標(38)

 ISO14001環境目標の設定方法を、引続いて紹介しています。

 前欄で述べた禁止事項のうち、代表的な3つを上げます。すなわち、ISO14001審査員が、審査の場においてやってはいけないこと3つです。


 1)マニュアル、ハンドブック、又は手順を準備または作成すること
 2)マネジメントシステムの事項に関して意思決定過程に参画すること
 3)後日の審査登録に備えてマネジメントシステムの開発と実施について、具体的な助言を与える教えること

 別な言い方をしますと、ISO14001審査員はこの禁止事項である助言(アドバイス)はやってもよいのです。そのやり方に関しては、次欄で説明します。


 ―― 弊社のISO内部監査(とくにISO14001内部監査)員養成のための社内研修においては審査員に対する主張(反論)のやり方を御一緒に考えていきます。

 考えるだけではなくて、御希望により審査の場に立会い、審査員のパフォーマンスを観察します。そして禁止事項を敢えて行う審査員に対しては、その場で注意を与えます。
もしもそれが許されない場合は、観察した結果を文書にまとめてこれを審査機関に「内容証明」「配達証明」信を利用して送付します。

 写真の本は、拙著「生涯現役エンジニア」です。ISOをツールのひとつに加えて生涯現役エンジニアを達成しつつあります。以下のURLを開いて見てください。
http://www.amazon.co.jp/gp/reader/4901689622/ref=sib_dp_pt#reader-link

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年09月26日 08:44 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読