生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« ISO内部監査(104)―社内研修(54)ISO14001環境目標(17) | メイン | ISO内部監査(106)―社内研修(56)ISO14001環境目標(19) »

ISO内部監査(105)―社内研修(55)ISO14001環境目標(18)

 私がテレビで視聴した日産自動車のカルロス・ゴーン社長のお話を御披露します。ゴーン社長がテレビインタビュー(2001年5月27日)において言われました――。


「自分のカバンの中に企業再建のためのマネジメント処方箋が入っている訳ではない。そうではなく『Passion(情熱)』『Focus(集中)』『Determination(決断)』『Commitment(コミットメント)』によって3年後に単年度経常利益をプラスにする」と。

 ―― 私は、カバンに処方箋は入っていないという話を「『じゃじゃ馬ならし』には定まった手法はない」という意味にとりました。

 ―― 他方話しを聞きながら私は、旧大日本帝国陸軍の「精神主義」などを思いだしていました。インパール、ニューギニア、レイテ島などにおいて補給なしの精神力だけで米軍に立ち向かい、結果として20~30万人もの兵隊を餓死させた、あの精神主義です。


 これに対してインタビューアーが聞きました――。
「コミットメントとは何か」と。

 それに対してゴーンさんから、「必達目標」という答えが返ってきました。これが達成されなければ自分は責任を取るとの表明でありました。


 私は大きな興味をもってこのやり取りを視聴していました。


 ―― マネジメントに関する基本的な私の理解を御披露しながら、弊社のISO内部監査(とくにISO14001内部監査)員養成のための社内研修においては審査員に対する主張(反論)のやり方を御一緒に考えていきます。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年09月05日 09:16 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読