生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« ISO内部監査(84)―社内研修(34)ISO14001環境側面(34) | メイン | ISO内部監査(86)―社内研修(36)ISO14001環境側面(36) »

ISO内部監査(85)―社内研修(35)ISO14001環境側面(35)

 ISO14001規格の中で使用されている訳語「特定」は、「同定」の方が得策であることを前回述べました。これを説明します。

 ―― 私は京都大学工学部燃料化学科4年生の時、有機合成実験という科目を履修しました。私には、ベンゼンに硝酸を作用させてニトロベンゼンを合成する課題が与えられました。
 合成した結果得た粉末が(目的とする)ニトロベンゼンであるかどうかを確認する操作がありました。
操作に当たっては、硝子管をブンゼンバーナーで炙り、引っぱって細管をつくりました。この細管の中に合成で得た粉末を入れて油の中に設置しました。

 この油を徐々に加熱して温度を測定しながら細管の中の粉末の状態を観察しました。そして粉末が熔融して液体になる瞬間の温度を記録しました。一方、化学便覧を紐解いてニトロベンゼンの融解点を調査しました。

 記録した溶解温度と調査した熔解温度を見比べて両者が一致していれば、得た粉末は目出度くニトロベンゼンです。

「同じものである」
 と、結論付けることを「identification」と言いました。有機合成化学実験には、英語の教科書が使用されていましたから、これを英語のまま使用していました。指導教官は、この訳語を「同定」として学生に教えていました。


 ―― こんな訳語の例をあげながら、弊社のISO内部監査(とくにISO14001内部監査)員養成のための社内研修においては審査員に対する主張(反論)のやり方を御一緒に考えていきます。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年08月16日 08:45 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読