生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« ISO内部監査(81)―社内研修(31)ISO14001環境側面(31) | メイン | ISO内部監査(83)―社内研修(33)ISO14001環境側面(33) »

ISO内部監査(82)―社内研修(32)ISO14001環境側面(32)

 これまでに「ISO14001規格の原文に立ち返って審査員に対する主張(反論)のやり方を御一緒に考える」と、しつこく言い続けてきた理由を引続いて説明しています。

 ―― ISO14001の審査において「木を見て森を見ない」審査員が跡を絶たないといいました。
 ISOマネジメントシステムは、立派な森を求めていますが、立派な森そのものを直接的に求めているのではなくて、立派な森を育成する「努力」を求めている」とすでに言いました。

 

 ―― 審査員が、一本々々の樹木を見て「樹木が小さい」といってもらっては困るのです。

 ISO14001序文の末尾には以下の記述があります。

 ISO14001マネジメントシステムの「詳細さと複雑さのレベル」(Level of detail and complexity)、「文書化の程度」(extent of documentation)、並びに「システムへ全力投入される経営資源」(resources devoted to it)は、個々の企業の実態による。

 実態とは、以下の要因の実態です。

 ―― システムの範囲(scope)
 ―― 組織の規模(size)
 ―― 企業活動の特質(nature)

 そして序文の最後は以下の文で結ばれています。敢えて原文で記載します。「This may be the case in particular for small- and medium-sized enterprises.」

 以下、この意味に近い日本語を記載します。―― 
「詳細さ複雑さのレベル、文書化の程度、経営資源の投入努力などは個々の企業の実態に拠るという意味であり、この意味は、特に中小企業に当てはめるのがよい」

 このことは中小企業の経営者が記憶しておいて損はありません。

 ―― このように弊社のISO内部監査(とくにISO14001内部監査)員養成のための社内研修においては審査員に対する主張(反論)のやり方を御一緒に考えていきます。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年08月13日 07:53 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読