生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« ISO内部監査(75)―社内研修(25)ISO14001環境側面(25) | メイン | ISO内部監査(77)―社内研修(27)ISO14001環境側面(27) »

ISO内部監査(76)―社内研修(26)ISO14001環境側面(26)

 ISO14001条項の中の4.3.1「環境側面」のb)の「後半」に関する事例紹介に関連して労働安全衛生マネジメントシステム規格OHSAS18001が制定される契機となった大事故を紹介しています。


 前述した1974年6月の英国ICI(Flixborough)における年産7万トンのナイロン原料工場の爆発火災の原因は以下の通りであること(後の検証で)結論付けられました。

 ―― 数ヶ月前にシクロヘキサン空気酸化反応器の配管にクラックが入っていることが発見されました。そこで操業を継続するために、この配管を迂回するプレキシブル(ベロー)チューブによるバイパスラインが設けられました。
 このベロー設置に際しては、安全確認や安全監督がなされていませんでした。ベロー設置に際して使用した配管設計図は工場の床に白いチョークで描かれたものだけしか存在しませんでした。後の検証では、このベローは安全操業に耐えるものではないことが結論づけられました。

 ―― ひと言でいうと、数ヶ月前に設置された「仮設配管」がいつのまにか「恒設配管」であると誤認されたまま数ヶ月間も操業を続けたものです。
 象の鼻のようなフレキシブル配管(ベロー)にはシクロヘキサン空気酸化反応器やポンプの振動が伝わり、時間の経過とともに金属疲労を起こしたものであることは、この分野の経験があるエンジニアならだれでもすぐに想像がつきます。
私も同様のナイロン原料プラントの経験があります。このプラントの一部(シクロヘキサノール脱水素によるシクロヘキサノン製造工程)を設計しましたものでした。

 ―― こんな事例を考察しながら、弊社のISO内部監査(とくにISO14001内部監査)員養成のための社内研修においては審査員に対する主張(反論)のやり方を御一緒に考えていきます。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年08月07日 05:56 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読