生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« ISO内部監査(74)―社内研修(24)ISO14001環境側面(24) | メイン | ISO内部監査(76)―社内研修(26)ISO14001環境側面(26) »

ISO内部監査(75)―社内研修(25)ISO14001環境側面(25)

 ISO14001条項の中の4.3.1「環境側面」のb)の「後半」に関する事例紹介をつづけます。

 前欄において「米国UCC(ユニオン・カーバイド・コーポレーション)社のボパール(インド)におけるメチルイソシアネート漏洩事故と、米国エクソン社のタンカーバルディーズ号のアラスカ沖における原油大量漏洩事故がISO14001の制定の契機となった」と説明しました。

 ―― 労働安全衛生マネジメントシステムであるOHSAS18001にも同様に規格制定契機となった大きな事故がありました。

 1974年6月、英国ICI(Flixborough)において年産7万トンのナイロン原料カプロラクタム製造工場が爆発火災を起こし、28名が死亡し36名が負傷しました。隣接する1821の建物と167の工場が破壊されました。

 30トンの熱(約180℃)シクロヘキサン(可燃性液体としての性状はガソリンにほぼ同じ)が空中に噴出して大きな爆鳴気「団」を形成し、45秒後に着火して大ファイアーボール(火炎球)が発生しました。

 米軍がアフガニスタンで使用した「気化爆弾」の大きな威力が新聞等で取りざたされましたが、使用されたLPGは爆弾一個当たり2トンに過ぎなかったと記憶しています。これに対してシクロヘキサン30トンがいかに大きな破壊力を発揮したかは想像に難くありません。

 ―― こんな事例を紹介しながら、弊社のISO内部監査(とくにISO14001内部監査)員養成のための社内研修においては審査員に対する主張(反論)のやり方を御一緒に考えていきます。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年08月06日 17:56 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読