生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« ISO内部監査(53)―社内研修(3)ISO14001環境側面(3) | メイン | ISO内部監査(55)―社内研修(5)ISO14001環境側面(5) »

ISO内部監査(54)―社内研修(4)ISO14001環境側面(4)

 ISO内部監査員養成のための社内研修におけるポイントを述べています。

 前欄で述べた「重大な環境側面」という日本語から私は、「大量有害の大気汚染」や「大量有害な水質汚濁」を排出している悪質な工場が頭に浮かびます。

 ―― 実際にその工場を拝見すると、そうでもない工場が多いのです。


「重大な」
という日本語はどこから来たのでしょうか?

 13年前に私が受講したISO14001主任審査員養成研修コース(1995年9月4~8日/SGS国際認証サービス)のテキストには「重大な環境影響」という日本語が頻繁に使用されていました(例示する45とページ)。

 このコースは当時国内での先導的役割を果たしていましたから、このテキストを真似して多くの会社は「重大な環境影響」という日本語を使用し始めたものと私は考えています。


「重大な環境影響」という理解でよいでしょうか?

 ―― 弊社ISO14001の内部監査員養成の社内研修ではこの問題に関し、御一緒に考えて回答を模索します。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年07月01日 11:13 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読