生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 2008年04月| メイン | 2008年06月 »

2008年05月 アーカイブ

2008年05月02日

日露戦争と工学(3)――戦艦三笠の距離測定器

 横須賀に保存されている戦艦「三笠」の中に当時の艦隊運動の模型が設置されています。これをみると確かに最初はバルチック艦隊の行く手を遮るように双方がT字型の位置関係を形成しています。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年05月02日 09:02 | | コメント (0)

2008年05月05日

日露戦争と工学(4)――下瀬火薬と伊集院信管

 爆薬はトリニトロトルエン(TNT)がよく知られています。例示すると、広島原爆はTNT換算2万トンという風に表現されます。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年05月05日 14:02 | | コメント (0)

2008年05月07日

日露戦争と工学(5)――索敵艦から発信された無線

 バルチック艦隊をいち早く発見した索敵艦信濃丸から発信された「敵艦見ゆ」も工学の成果です。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年05月07日 10:37 | | コメント (0)

2008年05月08日

当社事務所における公開研修(1) ―― 2008年5月27日

 すでに無料「社内研修」キャンペーンを本ブログにおいて御知らせしました。このホームページの「無料キャンペーン」のボタンを押して御確認ください。

 それに加えて無料「公開研修」キャンペーンのお知らせを致します。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年05月08日 10:41 | | コメント (0)

2008年05月10日

日露戦争と工学(6)――ロシアによる琵琶湖疏水の調査

 帝政ロシアの参謀、アバダスチが1902(明治35)年日本の情勢を視察にきました。1990(明治23)年に完成した第一の琵琶湖疏水、並びに視察の時点で計画中だった第二の琵琶湖疏水の内容を調査しました。田邉朔郎は、アバダスチの調査報告書の内容に「間違いない」と1902(明治35)年10月9日に捺印しました。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年05月10日 15:28 | | コメント (0)

2008年05月12日

日露戦争と工学(7完)―明治工業史を編纂した田邉朔郎

 前欄までに「日露戦争の勝利は工学の勝利」と主張してきました。

 明治期における日本の工業レベルがすでに欧米諸国に追いついていたことが勝因と主張させていただきました。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年05月12日 12:40 | | コメント (0)

2008年05月15日

三菱化学特許訴訟の敗訴(1)―本当にこれでよいのか?

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年05月15日 13:58 | | コメント (0)

2008年05月25日

ISO内部監査(1)―アングロサクソンの知恵(1)強い戦士

 ISOマネジメントシステムの大きな特徴はISO内部監査です。ところがわが国の現状においてはこの特徴が活用されていません。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年05月25日 16:00 | | コメント (0)

2008年05月26日

ISO内部監査(2)―アングロサクソンの知恵(2)男女協力

「なぜ男女の相互依存体制が強い戦士を作ったか」
 とお思いでしょう。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年05月26日 07:43 | | コメント (0)

ISO内部監査(3)―アングロサクソンの知恵(3)判例法

 私は法律の専門家ではありませんので自信を持った言い方はできませんが、イギリスやアメリカの法律は成文法ではなくて判例法であるとよく言われます。すなわち――。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年05月26日 10:58 | | コメント (0)

ISO内部監査(4)―アングロサクソンの知恵(4)試行錯誤

 イギリスやアメリカの法律は、成文法ではなくていわゆる判例法と言われています。何か事件が発生すると、その都度判断を下し、その判断がその後の判断基準となるという法体系だそうです。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年05月26日 20:36 | | コメント (0)

2008年05月27日

ISO内部監査(5)―アングロサクソンの知恵(5)世界制覇

 イギリスは世界制覇した唯一の国です。15世紀末、イスラム勢力をイベリア半島から駆逐(国土回復運動)した勢いに乗ってポルトガル/スペインが世界制覇に乗り出しました。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年05月27日 09:16 | | コメント (0)

ISO内部監査(6)―アングロサクソンの知恵(6)内部監査

 先頭を走っていると自分の位置が分かりません。だから自分自身で位置を確かめる必要があります。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年05月27日 11:01 | | コメント (0)

2008年05月28日

ISO内部監査(7)―アングロサクソンの知恵7)形骸化

「自分で自分の位置を確認して軌道修正をすることはなんと素晴らしい機能か!」
 と私は思います。これは正に、世界の先頭を走るアングロサクソン民族の知恵です。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年05月28日 07:19 | | コメント (0)

2008年05月29日

ISO内部監査(8)――形骸化の原因(1)必要悪として実施

 アングロサクソン民族のすばらしい知恵であるISO内部監査が、日本ではなぜ形骸化するのでしょうか? 

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年05月29日 06:40 | | コメント (0)

ISO内部監査(9) ――形骸化の原因(2)情報不足(無知)

 アングロサクソン民族のすばらしい知恵であるISO内部監査が、それを導入した日本で形骸化する理由を説いています。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年05月29日 20:51 | | コメント (0)

2008年05月31日

ISO内部監査(10)―形骸化の原因(3)有効性への理解不足

 前欄で無知が形骸化の原因であると説明しました。無知が第二番目の理由でした。

 では何に関して無知なのでしょうか?

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年05月31日 08:13 | | コメント (0)

ISO内部監査(11)―形骸化の原因(4)有効性の正しい理解

 前欄において「有効性への無知」が形骸化の原因であると説明しました。では「有効性」とはなんでしょうか?

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年05月31日 14:55 | | コメント (0)

このページの上へ

youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読