生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 工部大学校(東大工学部)(8)―生涯現役の祖父田邉朔郎 | メイン | 日露戦争と工学(1)――日本海海戦の勝因はT字戦法か? »

企業で働く高齢者(8)―企業リスク回避策の企業リスク

「企業で働く(65才以上の)高齢者200万人」と日本経済新聞の記事がでました(2008年4月18日朝刊一面トップ見出し)。生涯現役エンジニアを実践しつつある田辺コンサルタントは、65歳以上の高齢者が働くことを日本の活力維持のために歓迎しています。

 ―― 個人事業主
 によって「企業リスク」をゼロにするというリスクを回避できることを前回説明しました。しかしこれを安易に行うと「労働基準法違反」という大きな企業リスクがあることを付け加えました。

 ―― この「企業リスク」は重要ですから、前回に引き続いてもう一度ここで説明します。繰返しをお許しください。

「労働契約」
 とは、事業主の指導監督の下に労働力を提供し、その代わりに「賃金」をもらう契約です。たとえ契約の形式が「請負」や「委任」であっても、実態が労働関係であると労働基準監督署から判断されれば、「労働基準法」の適用上は「労働契約」であるとされ「労働基準法」による規制の対象となります。

 以下に2つ例を考えてみます。―― 

 例1 ―― ある企業の企業側が、定年退職者の中から希望者を募集して個人事業主になってもらったとしましょう。そしてその希望者と役務提供をしてもらうための「委任契約」を締結しました。

 この「委任契約者」に従来と同じ仕事を、従来と同じ場所で従来通りその職場のルールに従って役務を提供してもらいました。するとこのケースは、実態が「労働関係」です。
 もしも従来通りその職場の作業服を着用して従来と同じ仕事を実施していたら、その内容がいかに高度なエンジニアリング業務であっても言い逃れができません。「頭脳」労働も立派な労働ですから。

 例2 ―― ある企業が手がけている業務は「業務独占資格」を有する人材が必要です。社員の中から有資格者を揃えることは困難と判断されました。そこで外部の業務に関する役務提供を期待して「委任契約」を締結しました。

 その企業は、「委任契約者」を社内の指揮命令系統の中に位置づけて役務を提供することを求めました。顧客に提供する業務サービス品質のバラツキをなくすためでした。
 するとこれは「実態が労働関係」であると判断されてもまったく言い逃れができません。もしも社員と委任契約者とを一堂にあつめて教育訓練を実施し、同一の指示を与えていたら言い逃れができません。

 ―― いずれの場合も「委任契約者」がその状態に満足しているならば、「労働基準法違反」という問題は発生しないでしょう。
 しかし人の心は分からないものです。いつ不満が爆発するかは予測がつきません。爆発した時点で大きな企業リスクがあったことに気がつく筈です。予定作動時刻の不明な「時限爆弾」を抱えているようなものです

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年04月28日 17:17 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読