生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 企業で働く高齢者(7)―老人雇用の企業リスク回避策 | メイン | 企業で働く高齢者(8)―企業リスク回避策の企業リスク »

工部大学校(東大工学部)(8)―生涯現役の祖父田邉朔郎

 工部大学校の卒業生の多くは、エンジニアとして生涯現役でした。祖父田邉朔郎も同様です。

 

 ―― 田邉朔郎は81歳まで現役でした。最後の仕事は関門海底トンネル調査でした。


「できる」
 との田邉朔郎の太鼓判によって着工が決まったものです。本件は、拙著「びわ湖疏水にまつわる、ある一族のはなしhttp://www.bk1.jp/product/00917567」の50ページ「最後の仕事、関門トンネル」の項で紹介しました。

 ―― 田邉朔郎は1911(明治44)年に調査の上、現在の関門鉄道トンネルのルートを選定しました。その後、鉄道院の調査を受けて調査を続行し、1936(昭和11)年に着工にこぎつけたものでした。この時田邉朔郎は74歳でした。

 ―― 1939(昭和14)年7月76才の時、弾丸列車調査に着手しました。そして翌年、鉄道省(現在のJR)において「広軌幹線鉄道」について協議を開始しました。
 この協議は戦争の激化とともに中止されましたが、「弾丸列車計画」として歴史に残り、現在のJR新幹線に繋がっています。

 以上の史実に関しては「近代土木技術の黎明期 ―― 日本土木史研究委員会シンポジウム記録集(土木学会)を参照しました。

 私も祖父田邉朔郎のように「生涯現役エンジニアhttp://www.amazon.co.jp/gp/reader/4901689622/ref=sib_dp_pt#reader-link」を達成したいと思て現在努力中です。

 本欄で「工部大学校(東大工学部)」の項を完了します。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年04月28日 14:18 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読