生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« ISO社内研修実績(6)――日本合成化学工業のISO9001 | メイン | ISO社内研修実績(8)―大明のOHSAS18001内部監査員養成 »

ISO社内研修実績(7)――環境の日本ミクロコーティング

 京都大学工学部燃料化学科先輩の藤井健史さんからISO14001認証取得の御依頼を受け、1998年2月から御指導を開始しました。

 おっしゃるには、「渡辺社長から本件の指示を受けた際、『コンサルタント無しではやれない』と御希望を述べて社長のOKをも貰っていた」とのことでした。

 その成果を片山剛監修/田邉康雄編著「全員参加のISOマネジメントシステム」(日本規格協会2001年9月発行)で紹介しました。以下のURLで御確認ください。
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30885580&introd_id=Xmo46WkGo3659491i81GimXX69G43161&pg_from=u

 ―― 社内研修による内部監査員養成
 これに関して同書の第四章「経営者の留意すべき点」で以下のように述べさせていただきました(141頁)。

 正しい道を教えるコンサルタントと、そうでないコンサルタントとを比較してもらいたい。個人で開業しているコンサルタントX氏と、同じくY氏を比較してほしい。X氏は駆け出しであり、Y氏はベテランである。
X氏の報酬は月10万円であり、年間120万円である。X氏の場合は駆け出しだから、内部監査員を社内研修で養成する力はない。だから公開の教育機関のセミナーを受講させることになる。20人を養成するとして、単価12万円を掛けると240万円になる。合計すると、年間360万円である。
一方、ベテランのY氏の報酬は月30万円であるから、年間360万円である。Y氏は社内研修で内部監査員を養成する力をもっている。だからこの時点で費用は同額である。

 ―― そしてコンサルタントの比較を「全員参加のISOマネジメントシステム」の142ページ「ISO14001コンサルティング・コスト比較」で明らかにしました。

 正しい道を教えるコンサルタントの場合、一見コストが高いように見えるが、内部監査員養成を社内研修でできることに加え、最初から「企業の活動の中から省資源、省エネルギー」テーマを環境目標に設定するので大きなコストダウンが得られ、その効果を勘案するとコストは大幅に安いことを証明しました。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年04月01日 13:58 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読