生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 工部大学校(東大工学部)(6)――土木同窓会の田辺賞 | メイン | 工部大学校(東大工学部)(7)―若年工学博士、田邉朔郎 »

企業で働く高齢者(6)――老人雇用の企業リスク(固定費)

「企業で働く(65才以上の)高齢者200万人」と日本経済新聞の記事がでました(2008年4月18日朝刊一面トップ見出し)。生涯現役エンジニアを実践しつつある田辺コンサルタントは、65歳以上の高齢者が働くことを日本の活力維持のために歓迎しています。

 ―― 固定費発生
人を雇用すると仕事を担当して貰っても、与える仕事がなくても、給料を支払わなければなりません。福利厚生費も発生します。それだけではありません。その人が働く場所を建設した建物、すなわち固定資産の原価償却費も発生します。
 
 ですから、老人を通常に雇用すると、それが「雇用継続」や「再雇用」であっても、雇用から固定費が発生します。

 ―― 身近な実例
 老人雇用ではありませんが、私の身近に固定費発生の例があります。フランチャイズ方式で飲食店を開業しました。借入金ゼロでスタートしたことが自慢の種でした。

 従業員を4名雇用しました。毎年経常利益はでていました。順調に推移していました。そしてスタートから20年が経過しました。

 さて今、雇用した4名が定年退職を迎える時期にきました。そこで初めて気がつきました。退職金の準備をしていなかったのです。

 ―― 大慌てでなけなしの不動産を売却しました。不動産をもっていたからよかったのですが、もしも持っていなかったら、労務倒産でした。


 これでお分かりでしょう。前欄で説明した、わが国独特の雇用慣行の中で人を雇用するということは多大な「借入金」を持ったこととイコールです。大きな企業リスクがあります。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年04月26日 20:51 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読