生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 工部大学校(東大工学部)(4)――ダイアーと田邉朔郎 | メイン | 企業で働く高齢者(4)――老人雇用は企業リスク »

工部大学校(東大工学部)(5)――田邉朔郎と琵琶湖疏水

「3Kに挑んだ武士の子」の項で紹介したように、田邉朔郎も6年生の1年間測量実習にでました。エンジニアが自分自ら手を下して実地測量するなどは、ヨーロッパでは考えられないことでした。

「びわ湖から京都へ水を引く運河の調査にやりたいがどうか?」
 と、工部大学校長の大鳥圭介は中央気象台長の荒井郁之助に書面で聞きました。かつての函館五稜郭戦争の幕府陸軍奉行が、幕府海軍奉行に聞いたものでした。

 ここで荒井が「ノー」という筈はありません。田邉朔郎は京都へ出張して測量に励みました。その成果を「びわ湖疏水計画」として卒業論文に仕上げました。

 ―― 北垣国道
 京都では、私の曽祖父北垣国道(後の官位正二位男爵、枢密院顧問官)が京都府知事として琵琶湖から京都へ水を引く計画を立てていました。
 この計画は明治天皇が東京へお住まいを移されたことによって大きく衰退した京都を立て直す目的でした。
 北垣国道は、いわゆる「お雇い外国人」の手に寄らず日本人の手で工事をやりたい/strong> と考えて工部大学校に大鳥圭介校長を訪問しました。

 ―― 祖父朔郎と曽祖父国道の出会い
 北垣国道の訪問を受けた大鳥圭介は田邉朔郎を紹介しました。これにより田邉朔郎の卒業論文が琵琶湖疏水として現実のものとなりました。この話は、拙著「びわ湖疏水にまつわる、ある一族の話」http://www.bk1.jp/review/0000445315に紹介しました。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年04月24日 10:36 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読