生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 4世代東大/京大縁者の視点(1)――祖父、田邉朔郎 | メイン | 4世代東大/京大縁者の視点(3)――本人、田邉康雄 »

4世代東大/京大縁者の視点(2)――父親、田邉多聞

 前回に引き続いて、わが国エンジニア教育史を語る基盤としての「4世代にわたる東大工学部と京大工学部縁者の視点」を紹介しています。

  
 ―― 私の父親、田邉多聞は、1921(大正10)年に東京帝国大学工学部機械工学科を卒業しました。卒業後内務省に入省し、朝鮮総督府鉄道本局(朝鮮鉄道)に奉職しました。
 フランスやドイツやスイスなどの進んだヨーロッパの鉄道網調査に2回、長期出張してその優れた技術を参考にして独自の鉄道システムを開発しました。

 ―― 京都大学で教授をしていた父親田邉朔郎(私からは祖父)の下で育ったので、京都府立一中から第三高等学校(三高)を卒業しました。三高は、後に京大教養部(1~2年生)となりました。
 
ですから私の父親、田邉多聞は、簡単にいうと京大卒/東大卒です

 ―― 因みに紹介します。田邉多聞が卒業した時期は、明治の武力で政権をとった官僚とは異なる官僚が大きく台頭してきた時期でした。
 高等文官試験に合格した超エリート官僚が政治をやっていた時代でした。大正デモクラシーによる民主主義的議会制度は定着せず、官僚が政治をやる時代でした。

 ―― 多聞は工学部卒業した後、東大法学部政治科に入学し卒業するとともに、高等文官試験行政科に合格して内務省に入省したものです。
 エンジニアであり、高等文官でもあったので大変な活躍をしました。大東亜戦争の敗戦直前には47才にして官位正五位の勅任官となっていました。

 ―― 田邉多聞に関しては、拙著[びわ湖疏水にまつわる、ある一族のはなし」http://www.bk1.jp/review/0000445315(国会図書館蔵)で紹介するとともに、拙著「生涯現役エンジニア」http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31832743の53ページ、「法科万能主義」で紹介しました

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年04月20日 11:13 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読