生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 企業で働く高齢者(9)―労基法違反企業リスクの回避策 | メイン | 企業で働く高齢者(10)――自発的な個人事業主の発掘 »

日露戦争と工学(2)―シベリア鉄道の工事進捗状況調査

「シベリア鉄道がウラジオストックまで開通する時期を調査せよ」
 と、桂太郎陸軍大臣と大山巌参謀長は田辺コンサルタントの祖父、田邉朔郎に密かに命令を下しました。

「シベリア鉄道がウラジオストックまで開通する時期を調査せよ」
と、桂太郎陸軍大臣と大山巌参謀長は田辺コンサルタントの祖父、田邉朔郎に密かに命令を下しました。

 ―― 祖父田邉朔郎は琵琶湖疏水工事の後、東大教授をしていましたが、北海道開拓庁長官をしていた朔郎の岳父北垣国道に請われて東大教授を辞して北海道庁開拓庁鉄道敷設部長を引受け、全北海道に鉄道網を計画し、工事を担当しました。

 ですから鉄道敷設の専門家です。密命を与えるには最適の人物です。この密命は、北海道全線がほぼ完成したころのことでした。

 ―― 1900(明治33)年1月30日、田邉朔郎は山縣有朋総理大臣の会見を受けました。同年5月桂太郎陸軍大臣を訪問し、同5月28日に東京を出発しました。

 ―― 径路は以下の通りでした。
長崎 → 釜山 → 元山 →(ロシア入国)→ ウラジオストック→ (殖民鉄道)→ ハバロフスク → (黒竜江を舟で溯上) → ブラゴベスチンク → ストレテンスク→ (粗造建築列車) → チタ→ミソワヤ→ (バイカル湖上列車輸送船) → バイカル → イルクーツク → (シベリア鉄道) → クラスノヤルスク → オムスク→ チェリアビンスク → (シベリア鉄道西端)→ モスクワ → ペトログラード → (ロシア出国) → ストックホルム

 帰国後、――

「現在シベリア鉄道はモスクワからバイカル湖以西が整備されているが、これがバイカル湖以東「清」国境まで整備され、さらに「清」国内の大興安嶺トンネルが完成してチチハル、ハルピンなど東清鉄道を経由してウラジオストックにまで整備される時期は明治38年中。――」
と、田邉朔郎は山縣有朋総理大臣に答申しました

 ―― これを受けた桂太郎内閣は、1904(明治37年2月)を開戦時期と決定しました。もしも開戦時期が遅れていたら1938(明治38)年3月の奉天会戦の勝利はなかったでしょう。

 この史実を拙著:「生涯現役エンジニア」http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31832743の26ページ、「シベリア鉄道」の項で紹介しました。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年04月29日 14:47 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読