生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 工部大学校(東大工学部)(1)――岩倉使節団の大成果 | メイン | 工部大学校(東大工学部)(3)――英語で工学を学ぶ幕臣 »

工部大学校(東大工学部)(2)――3Kに挑んだ武士の子

 工部大学校の学生のほぼ100%が武士の子でした。武士の中でも、幕臣を中心とする武士の子でした。戦いに敗れた反新政府側の武士の子孫は、この道しかなかったものでしょう。祖父田邉朔郎がその典型です。

 ―― 3Kに挑んだ武士の子
 廃藩置県によって家禄を失った武士の子が生計を立てる道として「士」を捨てて「工」の道に入りました。
 生活がかかった武士の子は、赤羽工作所で油まみれになってテクニシャンとともに工作機械の操作に励みました。また全国各地にでかけて自ら測量して運河などの設計に励みました。

 ―― ヨーロッパでは、サイエンスよりも低いと見做されていた工学(エンジニアリング)に、武士の子が挑んだのです。これが明治の工学です。武士の子が「3K」(汚い、危険、きつい)に挑んだのです。これは岩倉使節団の結論「国力は工学」に答えるものでした。

 本件に関しては拙著「生涯現役エンジニアhttp://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31832743の第一章13ページ「お雇い外国人教師」の項を参照してください。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年04月23日 06:21 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読