生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 無料キャンペーン(社内研修)実施 ―― 今すぐ、お電話を・・・ | メイン | 老人の認知症(1)―周囲に及ぼす悪影響(2)日本丸沈没 »

老人の認知症(1)―周囲に及ぼす悪影響(1)介護ホーム

 日経新聞記事(2008年4月15日一面)「漂流ニッポン ・・・高齢化社会のコスト自覚を・・」とあって大見出しに「今こそ動く時」とありました。

 ―― 記事を読むと以下のことが分かりました。
 茨城県かすみがうら市において認知症高齢者のためのグループホームが相次いでつくられ、およそ200人が暮らしている。
 ここで「本来ならあり得ない」(厚生労働省)事態が進行しているとのこと。かすみがうら市は東京都荒川区や江東区などと個別に交渉し、高齢者は受け入れるが住民票は移さないとの取り決めを結んだとのこと。
 これにより、介護施設が足りない過密の都市から高齢者が地方に流出し、そのコストを過密都市が負担するという枠組みででき上がったという意味のことを言っている。

 ―― 私が思うに、一見互恵関係が成立しているように見えるが、日本全体としてはタコが自分の足を食べているようなものである。

 日経記事も「高齢化のコストを担いきれない。負担の押し付け合いという近未来を予兆しているとはいえまいか」と結んでいます。

 拙著:「生涯現役エンジニアhttp://www.amazon.co.jp/s/?ie=UTF8&keywords=%E7%94%9F%E6%B6%AF%E7%8F%BE%E5%BD%B9%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2&tag=yahhyd-22&index=stripbooks&field-adult-product=0&ref=pd_sl_2m7z8subi7_eの82ページにタコが自分の足を食べているイラストを挿入しました。

 ―― 老人が認知症になると周囲に多大な負担を強いることになります。そしてこの負担は、社会全体でみると再生産のない空しい負担です。
 ですから、認知症にならないことは老齢者の社会貢献の内でも最大の貢献であります。「田辺の老人社会貢献5段階説」の第一段階であり、最大の貢献です。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年04月16日 21:31 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読