生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 企業で働く高齢者(8)―企業リスク回避策の企業リスク | メイン | 企業で働く高齢者(9)―労基法違反企業リスクの回避策 »

日露戦争と工学(1)――日本海海戦の勝因はT字戦法か?

 日本海海戦の勝因は「司令長官東郷平八郎の奇策、T字戦法である」といわれています。しかしこれには疑問があります。

 ―― 横須賀に保存されている戦艦「三笠」の中に当時の艦隊運動の模型が設置されています。これをみると確かに最初はバルチック艦隊の行く手を遮るように双方がT字型の位置関係を形成しています。
 この形を組むまでに東郷艦隊が、いわゆる「定点回頭」を実施して敵に集中砲火の好機を与えています。この東郷平八郎がこの危険を冒して勝利したという話が広く語られています。

 しかし、――。

 ―― 日本海海戦の勝因は工学
 と、私は考えています。

 以下の欄で勝因となった工学をいくつか紹介します。


 ―― すでに紹介しましたが、エンジンを発明する人がエンジニアであり、エンジニアの仕事がエンジニアリングです。そしてエンジニアリングは日本語で工学と訳されています。

 ですから私の視点は「日本海海戦はエンジニアの勝利」です。エンジニアである私の我田引水をお許しください。

 この視点を拙著:「生涯現役エンジニア」http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31832743の25ページ「工学が国を救った」の項で紹介しました。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年04月29日 11:35 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読