生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 老人の認知症(1)―周囲に及ぼす悪影響(1)介護ホーム | メイン | 企業で働く高齢者(1)――若い人の居場所がなくなる。 »

老人の認知症(1)―周囲に及ぼす悪影響(2)日本丸沈没

 日経新聞記事(2008年4月15日一面)「漂流ニッポン ・・・高齢化社会のコスト自覚を・・」とあって大見出しに「今こそ動く時」とありました。

 ―― 社会的コストが嵩み、漂流した「日本丸」が低気圧の嵐を受けて沈没する。
 と、私はこのようにこの記事の意味を受け取りました。

 ―― 現在、自分自身で日常生活を営むことのできない老齢者が約180万人存在していると言われます。
 拙著:「生涯現役エンジニア」http://www.amazon.co.jp/s/?ie=UTF8&keywords=%E7%94%9F%E6%B6%AF%E7%8F%BE%E5%BD%B9%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2&tag=yahhyd-22&index=stripbooks&field-adult-product=0&ref=pd_sl_2m7z8subi7_eの79ページ「高齢者の責務――高齢化社会」を御参照ください。

 この人達に対して介護医療ビジネスが盛んになれば、国民の一部において金回りがよくなりますが、日本丸としては、船の中の乗客と船員だけの話です。
 乗客が下船して新たなる乗客を迎え、この循環が早く回転すれば日本丸は沈まないでしょうが、一旦乗せた乗客がいつまでも腰を据えて日本丸の自由航行を妨げます。船員は乗客の世話に忙殺されて船の安全航行に支障をきたします。

 ―― 日本丸の中では、乗客から新たな生命も誕生しています。そしてこの新たな生命に負担がかかっています。こんな日本丸に生まれなければよかったと新たな生命体が思うでしょう。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年04月18日 07:35 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読