生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« | メイン | 続・三菱化学エチレン事故(8)―安全衛生改善計画作成 »

続・三菱化学エチレン事故(6)―ガソリンを800℃に加熱

「安全管理体制不備が事故原因」と日本経済新聞に報道されました(2008年3月8日朝刊42ページ社会面)。これに対して厚生労働大臣登録「労働安全コンサルタント」、並びに国内第一号「公式資格OHSAS18001主任審査員」としての''田辺コンサルタント''は、信ずる所を連載して開示します。

 ―― ハザード 
 OHSAS18001JR西日本尼崎脱線事故に適用すると、規格が求めるハザードは、「狭軌道の上に大きな車体が載って高速走行している」状態であると言いました。これと同じ表現を三菱化学エチレン事故に当てはめます。すると、――

 ―― ガソリンを800℃に加熱
 ということになります。粗製ガソリンをバーナーで炙って約800℃に熱した金属製パイプの中で熱しているという状態そのものが、''OHSAS18801''によって特定の求められるハザードです。

 ―― 私は三菱化学OBですが、鹿島工場がOHSAS18001認証登録しているかどうか知りません。もしも登録していたら、この事実を「著しいハザード」に上げていたでしょう。
 そして上げたハザードから発生する可能のある「実害」(ハーム)を軽減するために、日常のあらゆる活動が計画され、実行されたでしょう。これを「リスク回避」活動といいます。

 ―― リスク回避活動の結果、リスクが限りなくゼロに近づきます。これが英国ICI社のナイロン原料工場の爆発火災類似事故を防止するために開発されたOHSAS18001が、真に狙うゴールです。

 OHSAS18001規格に適合したことを登録している企業は、このような活用方法を取っていることを期待します。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年03月16日 08:35 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読