生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 続・三菱化学エチレン事故(2)――三菱化学OBの視点 | メイン | 続・三菱化学エチレン事故(4)―JR西日本尼崎事故 1 »

続・三菱化学エチレン事故(3)――ハザード(化学工場)

「安全管理体制不備が事故原因」と日本経済新聞に報道されました(2008年3月8日朝刊42ページ社会面)。これに対して厚生労働大臣登録「労働安全コンサルタント」としての田辺コンサルタントは、信ずる所を連載して開示します。

 ―― ハザードを特定せよ。
 と、労働安全衛生マネジメントシステム規格OHSAS18001は言っています。

 ハザードには、一般的に危険源という訳語が与えられています。これに対して私は、危険原という訳語を使います。「源」の代わりに「原」を使います。ただしこれは半分冗談で地雷原をもじったものです。
 地雷原に一歩足を踏み入れると危険が一杯です。触雷して大怪我をしたり命を落としたりします。このイメージがハザードです。

 ―― 1974年にイギリスICI社のナイロン原料製造工場で大事故がありました。脆弱な仮設のフレキシブルチューブ配管がいつの間にか本配管と誤認されていて長期間使用され、金属疲労によって破壊し、高温大量の引火性液体が瞬間的に漏洩して爆発鳴気を形成し、静電気によって着火して大爆発しました。その結果十名以上が死亡しました。
 同じような原因の事故を二度と起こさせないようにと労働安全衛生分野においてマネジメントシステムが提唱され、英国で大きな成果をあげました。このシステムを集大成した規格がOHSAS18001です。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年03月11日 17:55 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読