生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 三井化学再生樹脂偽装(5) ―― 審査システムが悪い例 | メイン | 三井化学再生樹脂偽装(7)―保身のISO審査システム »

三井化学再生樹脂偽装(6)――サンプリングのISO

 三井化学の再生樹脂偽装に関して、ISO審査の限界であるサンプリング方式を説明します。

 ―― 前回(5)で「優秀なISO審査員でも津抽出剤の変更(A⇒B)を見抜けなかった例を示しました。

 ―― なぜか?
 と、思われるでしょう。

「発見した不適合はこれだけです」
「審査はサンプリング方式で実施しました
「これらの不適合が全部であるとは言い切れません」
 と、毎回のISO審査において審査員は判で押したように宣言します。これは「全部は見ていない」という明確な意思表示です。

 勘ぐると、「サンプリングしていない箇所で問題があっても知りません」という事らしい。

 ―― 提起した不適合を参考にして、水平展開をしてほしいという。これは「他山の石、以てわが玉を攻むべし」(他の山からでるつまらない石でも、自分の玉を磨くための役には立つ)をやってくれということらしい。

 もしもそうならば、このようなISO審査に対して「偽装を発見してほしい」と願うこと自体が「ないものねだり」でしょう

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年02月14日 22:09 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読