生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 環境新聞ISO記事(5) ―― 会計監査とISO審査 | メイン | 三井化学再生樹脂偽装(1) ―― ISO認証取得 »

環境新聞ISO記事(6) ―― 社長が望む厳しい審査

「ISO登録機関“再編観測”再燃か」「背景に審査の強化」なる記事が掲載されました(2008年1月23日発行)。一昔前、会計監査に対してなされた報道と似ていると感じています。

 ―― 会計監査に対する民間の与信機関は存在しない。
と私は理解していますが、この理解の是非についてこの欄を御覧になった方からアドバイスをいただけると幸いです。

 ISO審査においては民間の「与信機関(認定機関)」があるのですから、これを充分に活用することが望まれます。ISO審査においては、厳しい審査を企業トップが望んでいます。なぜならトップの忌み嫌う「社長のテレビ出演」が防止できるからです。

 ―― これを可能にするものは、与信機関の「厳しい審査」への方向づけです。社長さん達の御意向を汲み取って、厳しい審査をする方向づけが必要です。

 社長さん達が如何に厳しい審査を望んでいるかについては、拙著「社長に役立つ経営手法の実践例『全員参加のISOマネジメントシステム』」(日本規格協会発行)を御参照ください。以下のURLを開いて見てください。

http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30885580&introd_id=Xmo46WkGo3659491i81GimXX69G43161&pg_from=u

本項で環境新聞(2008年1月23日)に関する連載を終了します。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年02月02日 12:20 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読