生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 三井化学再生樹脂偽装(4) ―― ISO審査登録の仕組みが悪い。 | メイン | 三井化学再生樹脂偽装(6)――サンプリングのISO »

三井化学再生樹脂偽装(5) ―― 審査システムが悪い例

 三井化学の再生樹脂偽装に関して、ISO審査の枠組み(システム)が悪い例を紹介します。ただし架空の例としておきます。

 ―― TPMでコストダウンしよう。
 と、思っておられる工場長さんは多いでしょう。これが落とし穴です。


 ある化学品製造工場の例です――。
 製造設備と製造方法を所管官庁に届け出ていました。工場では届け出た通りの設備と方法で製造しなければ法律に違反します。
 届出の後、この工場でTPM活動を実施しました。ここで成分抽出剤を化学物質Aから化学物質Bに変更することが提案されました。
 これがTPM大会で採用され、実行に移されました。だれにも悪意はありませんでした。抽出剤は製品には混入しないから構わないだろうとの考えでした。

 ―― 化学物質Bは毒性があるのではないか?
 と、従業員の一人が感じました。しかしTPMでオーソライズした案件ですからそれを言い出すことはできませんでした。

 思いあまった良心的なエンジニアの一人が、所管官庁に匿名で手紙をだしました。これを受けた調査員が工場を訪問し、法律違反が摘発されました。

 ―― この工場は環境ISOの認証登録をしていました。定期の継続審査を受けていました。しかし担当した優秀なISO審査員はこの事実に関して問題提起はできませんでした。審査システムが悪かったのです。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年02月11日 17:59 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読