生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 環境新聞ISO記事(3) ―― 社長のテレビ出演 | メイン | 環境新聞ISO記事(5) ―― 会計監査とISO審査 »

環境新聞ISO記事(4) ―― 与信機関の再編

「ISO登録機関“再編観測”再燃か」「背景に審査の強化」なる記事が掲載されました(2008年1月23日発行)。これに関して「審査強化」のためには企業の意向を受けた与信機関が必要であると考えます。

「審査の強化」
 と、環境新聞は報じています。確かに必要です。絶対に必要です。

 その際、その強化の方向には課題が残る余地があります。もしも、審査の「形を整える」ための強化であっては大きな課題が残ってしまいます。「強化して欲しい」と、社長さんが期待する方向でなければ、大きな課題がのこることは自明です。

 ―― 顧客に見放されたメーカー
 がどのような末路を辿ったかに関しては歴史上、枚挙に暇はありません。社長のニーズにこたえない限り、いずれ企業から取得意義を否定されてISO審査登録システムそのものが崩壊するでしょう。

 ―― 与信機関の再編成
 が必要です。社長さんの求める方向にそった厳しい審査を実施するためには、社長さんの御意向を反映した与信機関が必要です。

 「Accreditation Body」のことを私田辺コンサルタントは「与信機関」なる訳語を与えています。「Accredit」とは「クレジット」を「与える」という意味の英語ですから。

 これに対してわが国では、「認定機関」という訳語を与えています。いかにもお上が一方的に「認定」すると言わんばかりです。困ったものです。再編成が必要です。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年02月01日 13:46 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読