生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« わが国エンジニア教育史――身内事例のユニークな史観 | メイン | 五稜郭の指揮者―榎本(司令)/大鳥(陸将)/荒井(海将) »

日経継続雇用記事(2)―居座る先輩が国力を低下さす。

「定年後の継続雇用『正社員で』6割希望」と日本経済新聞の記事がでました(2008年2月10日朝刊社30ページ社会面)。生涯現役エンジニアを実践しつつある田辺コンサルタントは、高齢者が定年後も正社員で働くことは、日本の活力低下をもたらすと考えています。

 

「もはや戦後ではない。――」

 と、経済白書に謳われたのは、昭和31年でした。大東亜戦争の敗戦後、十年間で国力復興が成りました。

 

 戦後復興の原動力は多々あったでしょうが、中でも重要な要素は製造業において「先輩がいなくなった」ということです。

 そして製造された商品が、農地解放によって購買力がついた農村に商品が買われて国全体として金が回るようになったのが「高度成長」でした。

 

 このような見方は一般的ではないのですが、私は自分自身の身内の例からこれを実感しています。

 

 ―― 先輩が正社員で居座ると、後輩が自由に活躍できなくなります。これが日本の国力を低下させます。

 拙著:「生涯現役エンジニア」を見てください。以下のURLを御参照ください。

http://www.amazon.co.jp/%E7%94%9F%E6%B6%AF%E7%8F%BE%E5%BD%B9%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2%E2%80%95%E5%AE%9F%E4%BE%8B%E3%81%AB%E3%81%BF%E3%82%8B%E3%81%9D%E3%81%AE%E5%BF%85%E8%A6%81%E6%80%A7%E3%81%A8%E6%8F%90%E6%A1%88-%E7%94%B0%E9%82%89-%E5%BA%B7%E9%9B%84/dp/4901689622

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年02月18日 21:02 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読