生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 三井化学再生樹脂偽装(1) ―― ISO認証取得 | メイン | 日経継続雇用記事(1)――定年後も正社員で働きたい! »

三井化学再生樹脂偽装(2) ――発見に無力なISO!

 三井化学の再生樹脂偽装に関して「環境ISOは役に立たなかった」と感じています。

 ―― 環境リスクの低減が「環境ISO」の目指すところです。
 認証取得をしているのですから、該リスクの低減を目指してPDCAマネジメントサイクルをまわしている筈です。これを審査員評価登録機関(RB)に登録した有能な主任審査員(LA)が厳格に審査をした筈です。それなのにどうして樹脂偽装を見抜けなかったのでしょうか? 

 ―― 環境のISO14001規格は、「著しい環境側面を特定」することを求めています。ところが何が著しい側面であるかに関する判断は、認証登録を希望する受審企業に任されています。
 ですから、些細な内容の環境側面を「著しい環境側面である」としてそのリスクを低減する目標を掲げてPDCAをまわしていてもこれを咎めることができません。

 ―― これは「おかしい」
 と思う主任審査員もいるでしょう。しかしそのことを主張する良心的な主任審査員は、受審企業からボイコット(忌避)を受けてしまいます。

「わが社は環境ISO登録を許された、環境に易しい企業である」
 と、世間に対して主張することが優先するのです。活動内容は二の次です。多くの企業においては、認証登録をしている事実がまず重要なのです。このことをISOコンサルタントとしての田辺コンサルタントは憂慮しています。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年02月09日 19:08 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読