生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 三井化学再生樹脂偽装(10)―ISOの環境側面特定 | メイン | 三井化学再生樹脂偽装(12)―ジキルとハイド »

三井化学再生樹脂偽装(11)―環境リスクとISO

三井化学の再生樹脂偽装に関して、私ISOコンサルタントは環境ISOの原点が忘れ去られていると感じています。

  

   ―― 環境リスクを低減しよう。

 と、株主の立場に立って開発されたマネジメントシステムであることが忘却の彼方へ去ったのではないでしょうか?

 

環境リスクの中で最大のものは、事故による影響です。2008年12月21日に発生した三菱化学鹿島工場エチレンプラント事故により著しい環境影響が発生しました。

周囲に迷惑を掛けるだけでなく、自分自身に多大な影響を受けました。2008年2月15日の日経新聞(39頁社会面)によると、原子力・保安院は自主検査認定を取り消す行政処分をしたとのこと。

 

 ―― 高圧ガス保安法

 私は甲種化学高圧ガス製造保安責任者免状、並びに甲種機械同免状をもっており、この分野のことは少し分かります。

 

1年1回、約1ケ月間のシャットダウンによるプラント点検・修繕が高圧ガス保安法による基本ですが、管理レベルの高い工場においては、最長4年間までシャットダウンしないで連続操業を許すという制度です。

この優遇制度の適用が受けられなくなったということは、大きなコストアップです。環境リスクが現実のものとなり、三菱化学にハーム(危害)が及びました。

 

   ―― このような環境リスクを株主の立場に立って低減しようという思想の流れを汲んで開発されたマネジメントシステムが環境ISOです。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年02月16日 11:33 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読