生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

«  三井化学再生樹脂偽装(9)―ISOで内部告発防止へ | メイン | 三井化学再生樹脂偽装(11)―環境リスクとISO »

三井化学再生樹脂偽装(10)―ISOの環境側面特定

 三井化学の再生樹脂偽装に関して、私ISOコンサルタントは全国的にISO規格の理解が不足していると考えています。

 環境ISOPDCA出発点は、「著しい環境側面の特定」にあります。規格の狙うところは「環境に対して著しい影響を与える事業活動を特定せよ」です。  その際、――。

 「現に与えている活動」「与える可能性がある活動」 を、特定せよといっています。後者は事故などを起こしたさいに与える影響です。

 御存知の通り2008年12月21日に三菱化学鹿島工場でエチレンプラント事故がありました。これにより著しい環境影響が発生しました。ですから、エチレンプラント操業そのものが、著しい影響を与える可能性のある活動です。  

 三菱化学のことは知りませんが、多くのISO認証取得企業において、このような事業活動が著しい環境側面として特定されていません。

 ――なぜか? と、お思いでしょう。

 規格は「著しい環境側面を特定する手順を確立し、実施し、維持すること」を「手順をもっておればよい」と解釈している企業が多いからです。 そして審査機関もこれを容認しているようです。本当は真に「著しい環境側面」を特定する手順を持っていなければならないのです。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年02月15日 21:33 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読