生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 三菱化学鹿島工場 ―― エチレンプラント事故(8) | メイン | 三菱化学鹿島工場 ―― エチレンプラント事故(10) »

三菱化学鹿島工場 ―― エチレンプラント事故(9)

 三菱化学鹿島工場のエチレンプラント事故(2007年12月21日)に関して、私田辺コンサルタントは労働安全衛生マネジメントシステムOHSAS18001との関連を引き続き述べています。 

 ―― 前回述べたように、大きなハザードが選出されていない理由は何でしょうか? 

 ―― 地雷原というハザードは、触雷によって爆発をまねき、体が吹き飛ばされるというリスクが一杯な場所です。これを正しく選び出すことによって、地雷を取り除くというリスク低減の方策をとることができます。 

 ―― ところが石油化学プラントに関しては、「操作を間違えばプラントが爆発する」などと恐ろしいことは考えたくないものです。例は違いますが何年か前、瀬戸内海に原油を大量に漏洩させた石油精製工場がありました。三菱石油だったと記憶します。

 なるほど大型タンカー1隻分もの大量の原油が流れ出すなどと恐ろしいことを考えたくないものです。そんなことが起これば会社存続が危なくなりますから。実際にその会社の名前は消滅しました。 

 ―― 現実を直視することは難しいものです。しかし直視しなければリスク回避はできません。

 参照:拙著「誰でも出来る簡易労働安全衛生リスク評価法【経営に役立つ新手法と45事例】」(新技術開発センター)   このホームページのバナー「田辺コンサルタント著書の書籍紹介!!」(トップ頁の右端エンジ色)を開いてみてください。 

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年01月08日 15:36 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読