生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 三菱化学鹿島工場 ―― エチレンプラント事故(6) | メイン | 三菱化学鹿島工場 ―― エチレンプラント事故(8) »

三菱化学鹿島工場 ―― エチレンプラント事故(7)

 三菱化学鹿島工場のエチレンプラント事故(2007年12月21日)に関して、私田辺コンサルタントは労働安全衛生マネジメントシステム規格OHSAS18001との関連を述べます。

 ―― 1974年、英国ICI社のナイロン原料製造プラントで大爆発・火災事故がありました。シクロへキサン空気酸化反応器周辺の爆発でした。

  ―― 約180℃のシクロへキサン(引火性はガソリンに略同じかそれ以上)の配管が破損し、大きな反応器(約20kℓ)から全量漏洩したシクロへキサンが、広範囲に爆鳴気を形成し、これに着火してファイアーボールが発生したものです。その爆風と火災で十数人の死者がでたそうです。

 ―― 事故の原因は、仮配管の破損でした。象の鼻のような自由に曲がる管(フレキシブルチューブ)を応急手当として仮に使用していました。ところがいつの間にか仮使用であることが忘れられて本使用と誤認されました。

  ―― これを契機として労働安全衛生マネジメントシステム規格が開発されました。現在のOHSAS18001です。これにより英国における労働災害は激減しました。

 

参照:拙著「誰でも出来る簡易労働安全衛生リスク評価法【経営に役立つ新手法と45事例】」(新技術開発センター)、「OHSAS18001文書化の秘訣」(グローバルテクノ)   このホームページのバナー「田辺コンサルタント著書の書籍紹介!!」(トップ頁の右端エンジ色)を開いてみてください。

 

 

 

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年01月07日 10:45 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読