生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 三菱化学鹿島工場 ―― エチレンプラント事故(7) | メイン | 三菱化学鹿島工場 ―― エチレンプラント事故(9) »

三菱化学鹿島工場 ―― エチレンプラント事故(8)

 三菱化学鹿島工場のエチレンプラント事故(2007年12月21日)に関して、私田辺コンサルタントは労働安全衛生マネジメントシステムOHSAS18001との関連を引き続き述べています。 

 ―― OHSAS18001は、前回のべたように会社の存続を揺るがすような大事故を防止するために開発されたマネジメントシステムです。だから審査機関から認証取得した企業は、大事故リスクを継続的に低減しつつある企業であることを証明してもらったことになります。

 ―― 出発点として大きなハザードを選びだします。ハザードとは、危険地帯のことです。そこには「危険が一杯」という場所です。地雷原は典型的ハザードです。

  ―― ところが残念なことに、多くの企業において会社存続を揺るがすような大きなハザードが選び出されていません。認証取得をしたことによって「当社は安全操業に関するリスク管理の完備した会社である」と外部に対して主張するために認証取得しているような気がします。憶測であればよいのですが。 

 ―― 前回のべたように、ICIシクロヘキサン漏洩爆発事故を契機として開発されたマネジメントシステムです。大きなハザードを選びたいものです。

 

 参照:拙著「誰でも出来る簡易労働安全衛生リスク評価法【経営に役立つ新手法と45事例】」(新技術開発センター)、「OHSAS18001文書化の秘訣」(グローバルテクノ)   このホームページのバナー「田辺コンサルタント著書の書籍紹介!!」(トップ頁の右端エンジ色)を開いてみてください。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年01月08日 13:23 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読