生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 三菱化学鹿島工場 ―― エチレンプラント事故(5) | メイン | 三菱化学鹿島工場 ―― エチレンプラント事故(7) »

三菱化学鹿島工場 ―― エチレンプラント事故(6)

 三菱化学鹿島工場のエチレンプラント事故(2007年12月21日)に関して、私田辺は2007年問題との関連を引き続いて述べています。

 ―― 石油化学プラント運転は、飛行機の操縦に似ています。「魔の11分間」ということばを聞いたことがあります。離陸の8分間と着陸の3分間だそうです。着陸が離陸の2~3倍も危険ということだそうです。

 ―― 似ているとは言いましたが少し違います。石油化学プラントはスタートアップがシャットダウンの何倍も危険なのです。緊急シャットダウンは別にして、定期シャットダウンは修理が目的です。
 この機会を利用して増産のための改造をしている場合が多いからです。飛行機に譬えると、翼の面積を拡大したり、エンジン推力を増加したりして乗客数を増やすようなものです。実際の飛行機ではこんなことはないと思いますが比喩です。

 ―― 改造を施した場合、シャットダウン時とは異なる特性をもったプラントを運転することになります。飛行機に譬えると着陸時とは異なる操縦性をもった飛行機を操縦することになります。

 ―― プラント建設に携わったことのあるオペレーターは、応用動作が効きます。そうでないオペレーターではどうでしょうか? 「魔の11分間」(比喩的)に対応する応用力が伝承されているでしょうか? 適切に伝承されていることを祈念します。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年01月06日 11:54 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読