生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 日経ISO批判記事に共感(4) ―― 審査は指導の場? | メイン | 日経ISO批判記事に共感(6) ―― 専門性不足? »

日経ISO批判記事に共感(5) ―― 突っ込み不足?

 日本経済新聞の記事(2008年1月11日朝刊)に賛同してISOの専門家、私田辺コンサルタントは「審査員による突っ込みが足りない」と感じています。

 ―― 日本製紙の再生紙偽装
 先週(2008年1月15日~)、多くのテレビニュースがこのテーマが大きく取り上げました。

 一方、日本製紙のホームページ(1998年11月20日)によると、「日本製紙勇払工場ISO14001認証登録『全工場・全事業所での取得』の第一段」と主張しています。つまり現在では全工場・全事業所でISO14001を取得済みのはずです。

 ―― ISO14001が正しく活用されていれば、再生紙偽装はまず社内の内部監査で発見され、そして足りないとことは外部の審査機関から受ける審査において発見されるはずです。
 これこそ日本製紙社長がお望みのことだった筈です。ISO14001の仕組みの中で偽装が発見されておれば、社長がテレビカメラの前で頭を下げる場面は防止された筈です。しかし残念なことには、現状の審査においてはこのようなことは期待できません。なぜか――?

 審査員による肝心なところの突っ込みが不足しているからです――。

 ―― 品質ISOでいうと、品質に関する大きなリスクが潜んでいる箇所の是正に関するPDCAが回っていなくても、単にPDCAの仕組みが存在するというだけでOKとしています。

 ―― 環境ISOでいうと、環境に関する大きなリスクが見逃されていて、些細な環境影響を発生する原因だけがPDCAの対象となっていても、単にPDCAの仕組みが存在するというだけでOKとするのです。
 
 デミングが提唱した「Plan」「Do」「Check」「Act」なるマネジメントサイクルが存在しさえすれば、その対象が些細なものであってもOKとするのです。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年01月20日 12:11 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読