生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 生涯現役の健康法(まとめ) ―― SWOT分析 | メイン | 日経ISO批判記事に共感(3) ―― 審査は裁判の場? »

日経ISO批判記事に共感(2) ―― 甘い是正処置要求

 日本経済新聞の記事(2008年1月11日朝刊)に賛同してISOの専門家、私田辺コンサルタントは「審査員の是正処置要求が甘い」と感じています。

「是正処置要求書を数多く発行してほしい」
 これは当社がコンサルタントを引き受けた企業の社長が、ISO審査を受ける際に審査チームリーダーに求めたことばです。ISOを経営ツールとして大いに活用しようと考えている東証一部上場企業です。

 実際、企業が欲しいものは改善の契機です――。
 認証取得して日の浅い企業ならいざ知らず、十年も経過している企業においてはいまさら「内部監査」や「マネジメントレビュー」などの仕組み有無を審査してもらっても困ります。
 そのような仕組みはとうの昔に卒業しています。それを毎年異なる審査員が入替わり立ちかわりやってきて、一から審査をするのです。高い審査料金を支払っているのにこれではペイしません。

―― オプザベーションは不要だ。
と、受審企業は考えています。

 これに対して多くの審査員は手間のかかる検証を省いて、感じたことを文書で残します。これを「オブザベーション」といいます。日本語では観察事項です。
 これが困りものです。短い審査時間でその企業のマネジメントシステムの「悪い点」や「良い点」が分かる訳がありません。これはノーサンキューなのです。

 ―― 分かる訳もないのですが、いやしくも審査員という名のつく人が残していった言葉は尊重しなければならないと担当者は受取ります。そして対応します。対応した結果、多くの場合はマネジメントシステムを悪化させます。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年01月19日 16:13 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読