生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 社内研修の目玉 ―― 生涯現役の健康法 | メイン | エンジニアと技能者(テクニシャン) »

日経ISO批判記事に共感(1) ―― 企業偽装防止に?

「ISO認証審査厳格に」と日本経済新聞の記事にISO審査改善の必要性を説く記事が掲載されました(2008年1月11日朝刊)。まったく同感ですから、これに対する賛同意見を連載します。

 品質管理のISO9001や環境管理のISO14001が優良企業の目安にならないとの主旨です。まずISO専門家の一人である私田辺コンサルタントが理解した日経記事の主旨を紹介します。

 ―― 顧客満足など実効性を重視
 と、言っています。ISO審査を統括する「国際認定機関フォーラム(IAF)」が審査方法を見直す動きを伝え、この日経記事はこれを歓迎しています。
 形式的な基準(内部監査マニュアルなど)の有無など中心とする現行審査方法を改めることを歓迎しています。

 「ISO認証 審査厳格に」
 といって、IAFの改善方向は、顧客満足などの実効性を重視する方向であること理解して歓迎しています。この歓迎の裏には、食品偽装など企業不祥事が後を絶たないことがあるようです。経済産業省もこの改善方向を(制度改革)を後押しすると日経は報道しています。

 ―― 付加価値審査
という言葉を使用して仕組みや制度の有無を重視した従来の審査から、その仕組みや制度が実際に効果を発揮しているかどうかを審査する。
 効果を発揮した結果、取引先の企業や消費者の満足度が向上しているかを審査する。この方向を日経新聞は歓迎しているようです。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年01月15日 09:00 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読