生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 日経ISO批判記事に共感(3) ―― 審査は裁判の場? | メイン | 日経ISO批判記事に共感(5) ―― 突っ込み不足? »

日経ISO批判記事に共感(4) ―― 審査は指導の場?

 日本経済新聞の記事(2008年1月11日朝刊)に賛同してISOの専門家、私田辺コンサルタントは「審査員が指導の場と間違えている」と感じています。

「手順が不明確です」
 と審査員は判定をくだします。最近は減りましたが、初期の段階ではこの台詞が横行していました。

 ―― 審査員がいう手順とは、手順を文書化したもの、すなわち手順書(会社によって名称は異なります)のことです。これを受けて受審側には手順書の山が築かれます。

 審査機関のマネージャークラスの人はよく分かっているのでこのような指導をしないように審査員を教育しているようです。しかし実際に受審側と対峙する人は担当審査員です。担当審査員は、具体的な指導を行います。本当は禁止されているのですが――。

「この箇所の手順は、このように記載してください」
 と、審査員は言います。
 これは指導に相当しますからISO審査においては禁止事項です。繰返しますが、この禁止事項を未だに実施している審査員がいます。そしてこのような審査員を野放しにしている審査機関があるようです。

「審査機関としてコントロールできる審査員の数はせいぜい10名」
 と、ある審査機関のマネージャーが、有力なISO専門誌に寄稿していました。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年01月20日 11:07 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読