生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 無償で社会奉仕しよう。 ―― これが第三段階。 | メイン | 後進者の育成をしよう。 ―― これが第五段階。 »

立派に収入を上げよう。 ―― これが第四段階。

 前回は「マイナスをしない貢献」から一歩進んでプラスをする貢献(第一段階と第二段階)を紹介しました。今回はそのプラスをさらに大きくする貢献を紹介します。

 ―― なるほど第三段階のボランティア活動は立派なことですが、そこには落とし穴があります。一人よがりの活動となる落とし穴です。なぜなら、ボランティア活動のターゲットは自分できめます。するとその活動が世の中から真にもとめられている活動であるかどうかは別にしてとりあえず活動します

 ―― これに対して世の中から求められている活動は、これを実行すると世の中に付加価値を創出します。例えばコストダウンを求める企業に対して、コストダウンの方策を教えると実際にコストダウンが達成されて付加価値が企業にもどってきます。リスク管理をもとめている企業に対してリスク管理の方策を教えると実際にリスクが低減されて、事故が減少し不要なコスト負担を防止します。

 このサービスを提供する場はもちろん''有償''です。有償サービスを提供するということ自体が世の中に付加価値を創出しています。分かり易く言えば、収入を上げた結果は税金を納入します。これはお世話になっている国家に対する立派な付加価値です。無償ボランティア活動ではこの付加価値がありません。

 景気がよい人のことを「あの人は金回りがよい」と評します。つまり世の中の景気とは、「マネー循環」のことを言っています。無償ボランティア活動は、この循環に貢献しません。だから自分の価値が世の中において認められて、その価値を提供することが更なる貢献であるということです。これが第四段階の貢献です。

 ―― 「生涯現役エンジニア」に求められている活動は、世の中から求められていることに呼応して的確なエンジニアリングサービスを提供する活動です。そしてその活動の結果、適正に稼いで税金を支払うことです。71歳の私は今それをやっています。

 参照: 拙著「生涯現役エンジニア」http://www.amazon.co.jp/%E7%94%9F%E6%B6%AF%E7%8F%BE%E5%BD%B9%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2%E2%80%95%E5%AE%9F%E4%BE%8B%E3%81%AB%E3%81%BF%E3%82%8B%E3%81%9D%E3%81%AE%E5%BF%85%E8%A6%81%E6%80%A7%E3%81%A8%E6%8F%90%E6%A1%88-%E7%94%B0%E9%82%89-%E5%BA%B7%E9%9B%84/dp/4901689622

投稿者: 田邉康雄 日時: 2007年12月16日 11:29 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読