生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« PPKをなしとげよう。 ―― これが第二段階。 | メイン | 立派に収入を上げよう。 ―― これが第四段階。 »

無償で社会奉仕しよう。 ―― これが第三段階。

 前回はPPKによる社会貢献(第二段階)を説きました。そのために健康管理が重要であることを説きました。今回はさらに積極的な貢献です。

 ―― 自分自身の健康を確保したら、つぎは御恩になった社会へ何かを還元することです。多くは必要としません。すこしでもよいからプラスになることをやるのです。
 前述した「第一段階」と「第二段階」はマイナスをしない貢献です。これを、プラスをする貢献にまで質を高めるのです。自分が住んでいる地域社会がやっている何らかの活動に参加するのもよいでしょう。いわゆる「ボランティアー」活動であり、もちろん無報酬です。

 ―― 私は、次回で述べる「第四段階」を実施中であり、時間がないのでこれには参加していませんが、私の家内がやっています。地域の消防団に入り訓練に参加しています。
 また同好者と近くの品川区立大井第一小学校の片隅を借りて「菊作り」をやり、開花する秋になると、これを小学校の正門の前に飾って保護者や先生や通りがかりの地域の人々から喜ばれています。消防署や警察署にも配ってよろこばれています。

 ―― これが積極的な貢献の第一歩です。前回の「マイナスをしない貢献」の次にくる「プラスをする」貢献です。さて次回は、第四段階です。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2007年12月16日 10:59 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読