生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« エンジニアと自然法則(1) ―― エネルギー保存則 | メイン | 三菱化学鹿島工場 ―― エチレンプラント事故(4) »

エンジニアと自然法則(2) ―― エントロピー増大則

 前述の通り、エンジンは熱からメカニカル(機械的な)エネルギーを取り出す「仕掛け」すから、エンジンを作るにはこの「仕掛け」原理を理解しなければエンジニアはやれません。

 ―― 多くの人が熱の全部を機械的エネルギーとして取り出そう杜考えました。しかしこんな美味い話も実際にはありません。

  ―― 19世紀初頭の産業革命にあって、多くの人が熱からできるだけ多くの機械的エネルギーンを取り出そうと競いました。前述の通りワットが功績第一人者です。 これに水を差した人がいました。熱の全部を機械的エネルギーとして取り出せることはできないことを証明しました。これをエントロピー増大の法則」(熱力学第二法則)と言います。 イギリスのケルビンとドイツのクラウジウスがほぼ同時に証明しました。「熱はひとり手には低い方から高い方に移動することはない」「熱の全部を機械的エネルギーとして取り出すことはできない」という内容です。 ケルビンはその勢いで温度の下限が存在することを証明しました。絶対温度の0度です。これにより熱の単位として名を残しました。

  ―― エンジニアは、熱力学第二法則の下で、燃料からできるだけ多くの機械的エネルギーを取り出そうとしています。今、40%の下の方です。  参照: 拙著「生涯現役エンジニア」第一章「わが国エンジニアの歴史と現状」3「エンジニア ― エンジンを発明する人」   この本に御興味のある方は、下のURLを開いていただけますか?http://www.amazon.co.jp/%E7%94%9F%E6%B6%AF%E7%8F%BE%E5%BD%B9%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2%E2%80%95%E5%AE%9F%E4%BE%8B%E3%81%AB%E3%81%BF%E3%82%8B%E3%81%9D%E3%81%AE%E5%BF%85%E8%A6%81%E6%80%A7%E3%81%A8%E6%8F%90%E6%A1%88-%E7%94%B0%E9%82%89-%E5%BA%B7%E9%9B%84/dp/4901689622

投稿者: 田邉康雄 日時: 2007年12月29日 19:23 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読