生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

メイン

18 田邉(田辺)朔郎の子孫田邉康雄 5世代エンジニアの視点 アーカイブ

2008年04月20日

5世代エンジニアの視点(1)――曽祖父、田邉孫次郎

 わが国のエンジニア教育史を語る上で活用した身内の生の情報源を紹介しています。前回までに「幕臣子孫の視点」と「4世代東大/京大の視点」を紹介しました。

 今回は、わが国エンジニア教育史を語る基盤として「5世代にわたるエンジニア一家の視点」を紹介します。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年04月20日 16:11 | | コメント (0)

2008年04月21日

5世代エンジニアの視点(2)――祖父、田邉朔郎

 前回からわが国のエンジニア教育史を語る基盤である「5世代にわたるエンジニア一家の視点」を紹介しています。

 ―― 祖父田邉朔郎は、1883 (明治16)年に工部大学校を卒業しました。2年生修了時に「合点特別一等賞」を授けられました。4年生修了後、京都に旅行して琵琶湖疏水路を踏査し実測の準備に入りました。そして卒業論文に「琵琶湖疏水計画」を書きました。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年04月21日 07:42 | | コメント (0)

5世代エンジニアの視点(3)――父親、田邉多聞

 引き続いてわが国のエンジニア教育史を語る基盤である「5世代にわたるエンジニア一家の視点」を紹介しています。

 ―― 機械エンジニア
 私の父親田邉多聞は、1918(大正7)年9月東京帝国大学工科大学機械工学科に入学した。多聞によると、「第三高等学校入学試験の競争率7倍よりも、東大機械の2倍の方がはるかに難関だった」そうです。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年04月21日 08:11 | | コメント (0)

5世代エンジニアの視点(5)――子等、長男/次男/長女

 わが国のエンジニア教育史を語る基盤「5世代にわたるエンジニア一家の視点」を紹介していますが、今回が最終です。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年04月21日 10:16 | | コメント (0)

2015年06月02日

<ブラタモリ「青函トンネル」>

1.先週土曜日(5/30)NHK「ブラタモリ」のテーマは「函館」で、来年開通する北海道新幹線が紹介されました。私はこれを録画して田邉朔朗の遺影に見せてやりました。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2015年06月02日 16:54 | | コメント (0)

2015年06月18日

<岩倉使節団伊藤博文による工部大学校(東大工学部前身)設立> ~明治日本の産業近代化を支えた工学の導入~

これは一昨日(2015年6月16日)、琵琶湖疏水の田邉朔朗に関する講演を打ちました。その時持っていた原稿を開示申し上げます。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2015年06月18日 12:55 | | コメント (0)

このページの上へ

youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読